ジャンル別 マンガ | アニメ | 絵本  開催地別 東京 | 名古屋 | 大阪 | 福岡 | 都道府県別

【茨城】松本零士展-夢の彼方へ-:2016年5月21日(土)~7月10日(日)

スポンサーリンク
【茨城】松本零士展-夢の彼方へ-:2016年5月21日(土)~7月10日(日)

 「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」などで知られる漫画家の松本零士さんの原画や原稿を紹介する企画展「松本零士展-夢の彼方へ-」が二十一日、筑西市のしもだて美術館で開幕する。初期の作品から代表作まで、資料も含め約三百作品を展示する。七月十日まで。 (原田拓哉)
 松本さんは一九五四年に漫画家としてデビューした。SF漫画の不朽の名作を生み出してきただけでなく、少女漫画、戦争もの、動物ものなど、さまざまなジャンルで漫画を描いている。七〇年代半ばから八〇年代にかけ、アニメーション制作にも積極的に取り組み、“松本アニメブーム”を巻き起こし、日本アニメ界の礎を築いた。
 今回の企画展では、松本さんの出世作となった「男おいどん」のカラー原画や、初公開となる「銀河鉄道999」の原画など、ファンにとっては貴重な資料も数多くお目見えする。
 期間中、関連イベントも予定されている。六月十二日には松本さんが、真岡線の下館駅のホームで行われるSLもおか号の出発式に登場するほか、美術館が併設されているしもだて地域交流センターアルテリオでトークショーや、サイン会などがある。
 入館料は一般七百円、高校生以下無料。月曜休館。
東京新聞:「999」初公開の原画も 筑西・しもだて美術館であすから松本零士展:茨城(TOKYO Web)

開催概要

公式サイト http://www.shimodate-museum.jp/index.html
http://artgallery.co.jp/leiji/
期間 平成28年5月21日(土)~7月10日(日)
休館日:月曜日
時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場 しもだて美術館
住所 茨城県筑西市丙372(アルテリオ3階)
料金 一般 700円/団体(10人以上)600円/高校生以下無料

関連グッズ