ジャンル別 マンガ | アニメ | 絵本  開催地別 東京 | 名古屋 | 大阪 | 福岡 | 都道府県別

【埼玉】BIB 50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本の50年 これまでとこれから―:2016年7月9日(土)~8月31日(水)

スポンサーリンク
【埼玉】BIB 50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展―絵本の50年 これまでとこれから―:2016年7月9日(土)~8月31日(水)

創設50周年の節目を迎えた世界最大規模の絵本原画展「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(通称BIB)」について、その歴史と功績を紹介する展覧会を開催します。

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで開催されるBIBは、芸術性の高い作品や、実験的でユニークな作品が集まる国際コンペティションとして知られています。
本展では、BIBへの歴代参加作品の中から「戦後日本の絵本の歴史50年」を振り返り、BIBがその発展に果たした役割を検証します。BIBと日本の関係は深く、過去半世紀のBIBと日本との歩みを辿ることは、私たち自身と絵本との関わりに目を向けることにもなるでしょう。
展覧会後半は、昨年開催された「BIB 2015」の受賞作品を中心にご紹介します。絵本の今、そして絵本のこれからを期待させる新鮮な表現、独創的な試みなど、絵本のイラストレーションの最新動向をご覧いただきます。

第1部 BIB50年史、日本の出品作品を中心に―戦後日本の絵本の歴史を振り返る

“絵本の50年、これまで”
創設50年の節目を迎えた国際コンペ「BIB」について、その歴史と功績を辿ります。
BIBの創設は、折しも戦後日本の絵本文化が大きく花開こうとしていた時期にあたります。過去のBIBにおいて日本の絵本は毎回のように受賞し、高く評価されてきました。第1部では、BIBの歴代参加作品のなかから「日本の絵本の歴史50年」を振り返り、BIBがその発展に果たした役割について検証します。

出品作品
赤羽末吉 《スーホの白い馬》 BIB1969 ノミネート
田島征三 《ちからたろう》 BIB1969 金のりんご賞受賞
丸木位里・丸木俊 《日本の伝説》 BIB1971 金のりんご賞受賞
長新太 《キャベツくん》 BIB1981 ノミネート
安野光雅 《旅の絵本II》 BIB1979 金のりんご賞受賞
井上洋介 《まがれば まがりみち》 BIB1991 ノミネート
酒井駒子 《金曜日の砂糖ちゃん》 BIB2005 金牌受賞
荒井良二 《うちゅうたまご》 他 BIB2011 ノミネート 他

第2部 BIB 2015 受賞作品および日本選抜作品―世界の絵本の最新動向に触れる

“絵本の今、そしてこれから”
2015年秋に行われた第25回BIBのグランプリをはじめとする受賞作品および、日本からの出品作品を展示します。今回のBIBでは、日本からミロコマチコさんの《オレときいろ》が、準グランプリの「金のりんご賞」受賞の栄誉に輝きました。絵本の今、そして絵本のこれからを期待させる新鮮な表現、独創的な試みに注目し、絵本のイラストレーションの最新動向をご紹介します。

出品作品
ローラ・カーリン(イギリス) 《あなたがつくる世界》、《アイアンマン―鉄の男》 BIB2015 グランプリ受賞
ミロコマチコ(日本) 《オレときいろ》 BIB2015 金のりんご賞受賞
エレナ・オドリオソラ(スペイン) 《フランケンシュタイン》 BIB2015 金のりんご賞受賞
あべ弘士(日本) 《宮沢賢治「旭川。」より 》 BIB2015 ノミネート
たじまゆきひこ(日本) 《ふしぎなともだち》 BIB2015 ノミネート
松本大洋(日本) 《かないくん》 BIB2015 ノミネート 他

出品点数

第1部・第2部合計 81タイトル、300点程度。

開催概要

公式サイト http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/exhibition/upcoming/p047613.html
期間 平成28年7月9日(土)~8月31日(水)
休館日
月曜日(7月18日の月曜日は開館)、7月19日
時間 午前10時~午後5時、土日のみ~午後8時(入場は閉館30分前まで)
会場 うらわ美術館
住所 さいたま市浦和区仲町2丁目5番1号 浦和センチュリーシティ3階
料金 一般610(480)円、大高生410(320)円、中小生無料

( )内は20名以上の団体料金

関連商品