ジャンル別 マンガ | アニメ | 絵本  開催地別 東京 | 名古屋 | 大阪 | 福岡 | 都道府県別

【福岡】日本語版刊行15周年記念 リサとガスパール展:2016年8月6日(土)~ 9月25日(日)

スポンサーリンク
【福岡】日本語版刊行15周年記念 リサとガスパール展:2016年8月6日(土)~ 9月25日(日)

イヌでもウサギでもない不思議なふたり、リサとガスパール。白い体に赤いマフラーのリサは、好奇心旺盛なおしゃまな女の子。黒い体に青いマフラーのガスパールはいたずら好きでやさしい男の子。ふたりは負けず嫌いで、けんかをすることもありますが、いつも一緒にいる大の仲良しです。
「リサとガスパール」は、アン・グットマンとゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻によって1999年にフランスで発表され、翌年、日本で翻訳出版されたシリーズ絵本です。パリを舞台に、子どもらしい発想力で日常生活の中にハプニングを起こすリサとガスパールの名台詞は「ひゃー やっちゃったー!」。落ち込むどころかユニークな解決方法で乗り切ってしまうふたりは、子どもから大人の読者まで微笑まずにはいられない愛らしいキャラクターです。
ふたりが誕生するきっかけは、あるクリスマスにゲオルグがアンへ贈った1冊の赤い手帳でした。アンは手帳の中に描かれた愛らしい生きものを気に入り、物語を創りました。それがリサのモデルとなり、のちにガスパールが登場して、仲良しコンビとなったのです。 本展では、日本での出版15周年を記念し、大切な「赤い手帳」の実物を公開します。シリーズ初期の代表作や新刊の原画をはじめ、絵本ができるまでのラフスケッチ、作家自身による試作のグッズ、「ペネロペ」などそのほかの人気絵本の原画、最新の作家映像など、貴重な資料をあわせて約200点をご覧いただきます。

開催概要

公式サイト http://www.kmma.jp/bunkan/exhibition/2016_lisagas.html
期間 2016年8月6日(土)~ 9月25日(日)
時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場 北九州市立美術館 分館
住所 福岡県北九州市小倉北区室町一丁目1番1号
料金 一般  1000(800)円
高大生  700(500)円
小中生  500(400)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免。

※掲載情報は発表時のものです。開催場所・開催期間などは随時変更となる場合がありますので、必ずご出発前にリンク先の公式サイトにて最新の情報をご確認をおねがいいたします

関連商品