ジャンル別 マンガ | アニメ | 絵本  開催地別 東京 | 名古屋 | 大阪 | 福岡 | 都道府県別

【東京】山岸凉子展 「光 -てらす-」 ―メタモルフォーゼの世界―:2016年9月30日(金)~12月25日(日)※展示替えあり

スポンサーリンク
【東京】山岸凉子展 「光 -てらす-」 ―メタモルフォーゼの世界―:2016年9月30日(金)~12月25日(日)※展示替えあり

2016年7月13日更新:
開催概要を引用
期間中の展示替え情報を追記

東京都文京区の弥生美術館にて、漫画家、山岸凉子さんの展覧会が開催されます。

 1969年にデビューした漫画家・山岸凉子は「アラベスク」や「日出処の天子」などの大ヒット作を生み出し、巧みな心理描写と画面構成で読者を魅了し続けています。2007年に「テレプシコーラ -舞姫-」が手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞、現在も「レベレーション-啓示-」(『モーニング』講談社)を連載し、熱狂的な人気を集めています。
不朽の名作となった「アラベスク」の誕生から45年―。本展は山岸凉子の画業をたどる初めての本格的な展覧会です。初展示を含む原画約200点を一挙公開し、デビューから最新作までのメタモルフォーゼ(変容)をご覧いただきます。

期間中の展示替え

作品保護のためカラー原画と一部の作品に関しては展示替えを実施。

前期:9月30日(金)~10月30日(日)
中期:11月1日(火)~11月27日(日)
後期:11月29日(火)~12月25日(日)

山岸凉子さんについて

デビューは1969年『りぼんコミック』掲載の「レフトアンドライト」。
1971年にりぼんにて連載開始された『アラベスク』は、少女漫画界初の本格バレエ漫画として大人気を得て、花とゆめに場を移して描かれた第二部では、華麗なイラスト的表現を、また、少女である主人公が大人の女性へと成長する様子を描くなど、当時は前人未到であった手法やテーマを積極的に開拓していった。
1980年LaLaで代表作『日出処の天子』を連載開始する。
主人公である聖徳太子が超能力、及び霊能力者であり、また生育環境が原因の同性愛者であるという設定は当時センセーションを巻き起こした。
1983年度第7回講談社漫画賞を受賞した。
2000年にダ・ヴィンチにて『アラベスク』から約30年ぶりとなるバレエ漫画『舞姫 テレプシコーラ』の連載を開始する。同作で2007年度第11回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。2011年をもって連載終了した。
2011年ダ・ヴィンチにて『ケサラン・パサラン』の連載を開始。2012年10月号で終了した。
2014年に『モーニング』にて、百年戦争を題材としたジャンヌ・ダルクを主人公とした『レベレーション(啓示)』の隔月連載を開始した。
山岸凉子 – Wikipedia

開催概要

公式サイト http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/next.html
期間 2016年9月30日(金)~12月25日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分までにお願いします)
会場 弥生美術館
住所 東京都文京区弥生2-4-3
料金 入館料:一般900円/大・高生800円/中・小生400円

※掲載情報は発表時のものです。開催場所・開催期間などは随時変更となる場合がありますので、必ずご出発前にリンク先の公式サイトにて最新の情報をご確認をおねがいいたします

公式twitter

関連グッズ