ジャンル別 マンガ | アニメ | 絵本  開催地別 東京 | 名古屋 | 大阪 | 福岡 | 都道府県別

【東京】ウルトラ怪獣墓場展:2016年10月8日(土)~10月30日(日)

スポンサーリンク
【東京】ウルトラ怪獣墓場展:2016年10月8日(土)~10月30日(日)

MDPギャラリーにて「ウルトラ怪獣墓場」と題され、「ウルトラマンシリーズ」に登場した怪獣や宇宙人をモチーフにしたグループ展が10月8日(土)より開催される。

出展作家

Amazing JIRO, 植田 工, 宇田川 祐 (自由廊), 大串 ゆうじ, 金 理有, 佐藤 宏三, 佐久間 弥生(自由廊),
高橋 淳, 立川 瑛一朗, ナカムラ ジン, 早川 モトヒロ, 宮ケ丁 渡, 山本 麻璃絵(50音順・敬称略)

SUB会場展示作家

いしばし めぐみ(ヨハン チーズケーキ)、スガ ミカ(ビストロ マザーエスタ)、
タケウチアツシ(A℃TS)、村山まりあ(金生堂 眼鏡)他(50音順・敬称略)

「ウルトラマンシリーズ」は1966年7月の放送開始から今年で50年を迎えます。同シリーズには、ほぼ毎回、人類(ウルトラマン)と敵対する怪獣や宇宙人が登場し、そのほとんどはウルトラマンの手によって倒されます。初代ウルトラマンの第35話に登場する「怪獣墓場」は宇宙のどこかにある定常的な空間の歪みとされ、最終的に怪獣の魂はこの怪獣墓場に流れ着くと言われています。

ウルトラ怪獣には悪い者もいるけど、そうでない者もいるという多様性は「ウルトラマンシリーズ」が描く重要なテーマと言え、本企画はそれを前提に、ウルトラ怪獣たちへの畏敬の念を込めて、様々なアーティストによるウルトラ怪獣をモチーフとした新作作品を発表展示いたします。

日本を代表する特殊メイクのトップアーティストであるAmazing JIRO氏は、三つの顔を持つ怪人ダダのそれぞれの顔をモチーフにしたボディペイント作品を展示販売予定。Amazing JIRO氏が作品を販売するのはこれが初めてとなります。また彼の造形工房の自由廊からは他にも宇田川 祐氏と佐久間 弥生氏の2名が展示予定。
その他、日本画、木彫、陶芸等、表現スタイルの違う10数名がウルトラ怪獣に新たな息吹を与えてくれます。

開催概要

公式サイト http://mdpgallery.com/news/749/
期間 2016年10月8日(土)~10月30日(日)
時間 11:00~19:00(本展示に限り月曜のみ休廊)
会場 MDP GALLERY&目黒川沿いのSUB会場
住所 東京都目黒区青葉台1-14-18 1F

※掲載情報は発表時のものです。開催場所・開催期間などは随時変更となる場合がありますので、必ずご出発前にリンク先の公式サイトにて最新の情報をご確認をおねがいいたします

関連グッズ