ジャンル別 マンガ | アニメ | 絵本  開催地別 東京 | 名古屋 | 大阪 | 福岡 | 都道府県別

【東京・世田谷】花森安治の仕事 ― デザインする手、編集長の眼:2017年2月11日(土・祝)~4月9日(日)

スポンサーリンク

雑誌『暮しの手帖』を舞台に表紙画からカット、レイアウト、新聞広告、中吊り広告まで、取材や執筆はもとより、制作から宣伝まで、すべてを手がけた編集長・花森安治氏。
暮しの手帖社の全面的な協力のもと、花森安治氏が遺した多数の稀少資料・約750点が展示されます。

巡回情報

なお同展は4月18日から愛知・碧南市藤井達吉現代美術館、6月16日から富山・高岡市美術館、9月2日から岩手・盛岡の岩手県立美術館を巡回する。

参考:『花森安治の仕事』展に約750点、『暮しの手帖』表紙原画や自筆原稿も – アート・デザインニュース : CINRA.NET

開催概要

公式サイト http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html
期間 2017年2月11日(土・祝)~4月9日(日)
【休館日】 毎週月曜日 ※ただし、祝休日と重なった場合は開館、翌平日休館。
時間 午前10時~午後6時 ※入場は午後5時30分まで
会場 世田谷美術館
住所 東京都世田谷区砧公園1-2
料金 一般1000(800)円、65歳以上800(600)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円
※( )内は前売料金および20名以上の団体料金。障害者割引あり。

※掲載情報は発表時のものです。開催場所・開催期間などは随時変更となる場合がありますので、必ずご出発前にリンク先の公式サイトにて最新の情報をご確認をおねがいいたします

関連グッズ

©暮しの手帖社