ジャンル別 マンガ | アニメ | 絵本  開催地別 東京 | 名古屋 | 大阪 | 福岡 | 都道府県別

【東京】パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右:2017年2月18日(土)~4月16日(日)

スポンサーリンク

1960年代中頃から日本のアーティストが頻繁に実践し、70年代に入るとテレビや雑誌などを通じて社会的に流行した「パロディ」。ありとあらゆる文化がパロディに染まったこの現象は、モダンとポストモダンの隙間に開花した徒花(あだばな)であったのか?
日本語として定着し、それでいてなお不明瞭なこのパロディという技術または形式を、当時の視覚文化を通じて振り返ります。
(中略)

赤瀬川原平や横尾忠則など、時代を彩ったアーティストから知られざる作家まで。絵画、マンガ、グラフィックを中心に、出品作品・資料総数約300点の豊富な内容。めったに見られないマンガ原稿、貴重なテレビ映像、裁判記録など、珍しい出品作にもご期待ください。

開催概要

公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201702_parody.html
期間 2017年2月18日(土)~4月16日(日)
休館日:3月20日をのぞく月曜日、3月21日
時間 10:00~18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館30分前まで
会場 東京ステーションギャラリー
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1
料金 一般900(800)円 高校・大学生700(600)円 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)

※掲載情報は発表時のものです。開催場所・開催期間などは随時変更となる場合がありますので、必ずご出発前にリンク先の公式サイトにて最新の情報をご確認をおねがいいたします

関連グッズ

©長谷 邦夫 水声社